〒810-0005 福岡県福岡市中央区清川3-20-9

産婦人科092-531-0282

小児科092-524-1058

診療案内

外来受診に関する注意事項

インフルエンザ等の感染対策が必要なため、発熱の場合は、受診について事前にご相談ください。

診療時間
●午前
09:00~12:00

坂井

理事長
院長

理事長
権藤

理事長
院長

理事長
院長

九大医師

●午後
14:00~17:00

理事長
院長

理事長
院長

理事長
権藤

休診

城戸

休診

休診日:日曜・祝祭日 帝王切開手術日:月、火、水

※当院外来は予約制となっております。
※土曜外来は大変混雑しております。病院滞在時間に余裕をもってご来院ください。
※診察内容等で診察順が前後する場合がございます。ご了承ください。
※緊急手術、緊急搬送などの場合には、外来診療が滞る可能性がございます。ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

妊娠の確認から出産まで

妊娠初期のスケジュール

5週頃 胎嚢(赤ちゃんの袋)の確認:子宮内に妊娠しているかをチェックして、異所性妊娠(旧名:子宮外妊娠)ではないことを
確認します。
エコーで子宮、卵巣のチェック:子宮筋腫や卵巣嚢腫等のチェックをします。
子宮頸がん検診(1年以内に受けていない場合)
6~7週頃 赤ちゃんの心拍を確認します。
9~10週頃 出産予定日を決めます。

以上の時期は、主に経腟超音波検査での診断になります。

妊婦健診のスケジュール

10〜11週頃〜 妊娠初期採血 2-4週毎の健診
22週前後 クラミジア検査、子宮頸管長計測
24〜26週頃 血糖検査、貧血チェック
〜30週 胎盤位置確認
35週 GBS(B群レンサ球菌) 検査
母体にとっては常在菌でも、赤ちゃんには重篤な感染症を起こす可能性がある菌です。
産前の準備として、この時期に保菌しているか確認します。
36週 貧血チェック
37週〜 妊婦健診(週1回)
40週〜 妊婦健診(週1-2回)

胎児超音波スクリーニングは院長外来を受診された際に行います。(20週頃、30週頃)
当院は血糖検査で随時血糖100mg/dl以上の場合に糖負荷試験を行います。
検査当日の食事は制限しませんが、血糖検査直前の飲食はお控え下さい。
当院では血糖に関する追加検査(75gOGTT)を近隣の内科医院へお願いしております。
通常、この追加検査は10時間以上の絶食で行います。
お水は飲んでも構いませんので、脱水にはお気をつけください。

分娩予約

当院は2020年9月より分娩予約制を開始いたします。下記のフォームより申し込み用紙をダウンロードし、ご記入の上直接当院までお持ちください。
里帰り分娩の方は郵送もしくはFAXでお申し込みください。
尚、当院を受診された際に予約金5,000円をお願い致します。ご入金を確認次第、予約完了とさせていただきます。患者様自身のご都合でのキャンセルは返金いたしません。

分娩予約は20週までにお願いいたします。
それ以降は、お電話にて直接病院へお問い合わせください。
分娩予約状況次第で対応致します。


FAX: 092-531-7157

4D超音波

当院では4D超音波に対応しております。
赤ちゃんの姿勢や手の位置、胎盤の位置によっては難しい場合があります。ご了承ください。
また、ご希望の方は、理事長もしくは院長の外来をなるべく受診してください。

母親学級

楽しく、安心してお産していただくために、当院では母親学級を行っております。
ここで生まれる自信が母親への第一歩、全員の方に参加していただくようお願いいたします。

※婦人科検診、低用量ピルの処方などもお気軽にご相談ください。

アフターピルについて

当院では、アフターピルの処方を行なっております。
医師の説明をご理解の上、病院にて内服をお願い致します(転売防止のため)。

料金:11,000円(2020.1月時点)

当院での流産手術について

当院では手動真空吸引法(Manual Vacuum Aspiration:MVA)による流産手術を行なっております。
近年、従来の子宮内を金属器具で掻爬する方法は、子宮内膜への影響が懸念されており、手動吸引法が推奨されています。
手術の詳細については、受診された際にご説明致します。

対象疾患:稽留流産
流産手術日:火曜日、水曜日 (緊急の場合は、この限りではありません)

※当院は人工妊娠中絶への対応は行なっておりません。

傷病手当金の書類記載について

当院で診断書を発行し、当院医師の指示があった期間についてのみ、記載の対応を致します。
他院で診断された場合、ご自身やお勤め先の判断で休まれた場合は当院での記載対応は致しかねます。